プロダクトデザインとインダストリアルデザインの役割の変化

この記事は約27秒で読めます

「プロダクトデザイン」と「インダストリアルデザイン」の意味や範囲の違いについて、STUDIO dpi オフィシャルWebサイトで解説ページを設けていましたが、今回は その役割の変化についての説明を追加しました。

産業革命以降のインダストリアルデザイン

産業革命以降のインダストリアルデザイン

プロダクトデザインに実用性が求められはじめる

プロダクトデザインに実用性が求められはじめる

ユーザーエクスペリエンス

ユーザーエクスペリエンス

さらに、デザインの役割やその意味合いが時代と共に変化し、100年後、数千年後、究極の進化を遂げた時、それは・・・・

そんな 壮大なことまで書いています。
解説ページの内容を充実させていくごとに、長い文章となっていきますので、今回は少し画像を加えてみました。
ぜひ、ご覧ください。

STUDIO dpi オフィシャルサイト|「プロダクトデザインとは?」ページ >>

Kazuhiro Ueno

Kazuhiro Ueno

上野 和宏
スタジオディーピーアイ株式会社 代表取締役 / プロダクトデザイナー / クリエイティブディレクター
JIDA(公益社団法人 日本インダストリアルデザイナー協会) 正会員

著者の最新記事

関連記事

  1. OVO (オーヴォ) ビッグトップ入口
  2. 中小企業テクノフェア in 九州2015に出展します。
  3. 芝玉
  4. 書籍「デザイナーズファイル2016」に掲載いただきました

コメントをお待ちしております

CAPTCHA


Calendar

2018年11月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ABOUT

福岡県北九州市のプロダクトデザイン事務所 STUDIO dpi, inc. [スタジオ ディーピーアイ株式会社] オフィシャル ブログです。

投稿者一覧

  • Kazuhiro Ueno