CG / ILLUST

フォトリアルCG、画像編集・合成、
イラストレーション等ビジュアル制作。

実写レベルのリアルCG(コンピューターグラフィックス)で説得力のあるビジュアルコンテンツ制作、
まだ見ぬ製品の仕様・用途・イメージのビジュアル化、見えない働きをも可視化する強力な販促ツール制作、
写真では解りにくい状態が理解しやすいイラストレーション、術式を明快に図解できる医学シェーマ制作。

無いモノを見せる。存在感を与える。俯瞰。CGが描く「神の視点」。

CGでしか表現できないイメージ、イラストレーションでこそ伝わる状況、実物を超える伝達力をもつビジュアルコンテンツ。カタログや営業資料、資金調達用資料等、様々なシーンで活用いただけます。

3D-CADデータを基に描く、寸分の狂いもない正確なシルエット、
実写レベルの品質で表現する広告用フォトリアルCG撮影。

製品の3D-CADデータを基に、CGソフト内で実写の撮影と同様にカメラの条件を設定。
スタジオ撮影やロケーション撮影のように環境をセッティングし、適切なライティングを構築。
マスター登録用の商品写真、イメージ写真等、用途に応じてCG画像を制作します。

プロダクトデザイン事例:聴音装置 

CG画像制作工程

CG画像製作工程|1.モデリング

1.モデリング

2Dスケッチや2D図面を基にCGソフト内で3D形状をモデリングします。または3D-CADデータをCGソフト内に取り込み、変換、補正を行いモデリングデータとすることも可能です。※3D-CADデータがすでにある場合は、それを有効活用してCG形状データとすることで、モデリング費の大幅なコストカットが可能となります。

CG画像製作工程|2.テクスチャ・マテリアル作成

2.テクスチャ・マテリアル作成

1つの素材や質感を表すために、基本の色や細かな凹凸感、反射の照り返し具合、反射の映り込み具合、透明度など、様々な設定を行い、マテリアルを製作します。表現したいマテリアルによっては、図柄などの詳細なテクスチャデータを準備する必要があります。

CG画像製作工程|3.CG設定

3.CG設定

モデリングした形状データ、素材や質感を設定したマテリアルデータが揃ったところで、CGソフト内で疑似撮影するための各種設定を行います。実写の世界に例えると撮影前の照明や環境のセッティングです。
①背景となるバックの素材を準備してスタジオ撮影と同じような環境を作り上げたり、屋内や屋外の環境のイメージ画像を取り込んで、環境光の設定をしたり、形状データの配置位置や角度、サイズなどの設定を行います。
②次に様々な角度から製品を照らす光の加減の調整しながらライティングを行い、ハイライトで照らしたいところ、製品の輪郭を締めたいところ、影を出したいところを見極めて微妙な調整を行います。
③撮影した際にどのような画像に仕上げたいのかを検討しながらカメラの設定をします。焦点距離や絞りの設定を変えることでパース(遠近感)のかかり具合やボケ具合が変わります。
④レンダリング(最終描画)品質を設定します。

CG画像製作工程|4.レンダリング(描画計算)

4.レンダリング(描画計算)

実写の世界に例えると、現像の作業のようなものです。前工程のCG設定により、各計算項目の品質や画像サイズなどを詳細に設定し、写実的に描画するための計算を行います。環境光やライト等から発せられた光が様々なものに当たって反射して、それがさら別のものに反射して、光が減衰しながら消えていくまでに与える影響を計算します。その計算の緻密さの設定によって画像品質も大きく変わってきます。品質を落とすとレンダリング時間が短いメリットがありますが、ノイズがたくさん入ったり、鮮明さに欠ける場合があります。反面、品質の設定を上げるときれいな描画結果を得られますが、レンダリング時間が大幅に長くなります。また、書き出す画像のサイズにより、レンダリング時間は大きく変わり、大きな画像ほど多くの計算時間を必要とします。例として、Web用の800×600pxと10倍サイズの大判ポスター用の8000×6000pxとでは面積は100倍異なり、当然レンダリング時間・費用共に大幅にアップすることになります。計算時間は短いもので数十分から、長い物で数十時間に及びます。製品のフォトリアルCGの用途においては1~15時間程度のレンダリング時間を要するものが殆どで、レンダリング時間に比例してコストが発生します。

CG画像製作工程|5.画像編集

5.画像編集

レンダリングで描画された画像はTIFFやJPEGなどの一般的な画像形式で保存されます。ここからはCGソフトを離れ、画像編集ソフトに画像データを取り込み、用途に合わせて明度・コントラストの調整・色補正やトリミング、ものにより他の写真との合成などの処理を行います。CGソフトから書き出した画像は必ずしもが写真として万全の色表現・品質表現ができていないため、必ず、この画像編集の工程を経て、各用途に合わせた美しい最終画像を書き出します。

金型・製品が出来る3か月前から営業開始。
最速プロダクトビジュアライゼーション。

製品設計が完了した時点で、3D-CADデータを基に、フォトリアルCG画像制作。
製品カラー・マテリアルをシミュレーション、EC・ランディングページ先行制作、
金型が出来る前に営業開始して受注獲得。ビジネスが一気に加速する。

実施内容|CG画像制作 クライアント|ガードナー株式会社
実施内容|CG画像制作 クライアント|ガードナー株式会社

CG画像制作実績の一部を公開中。

様々なデザイン事例を掲載しています。ぜひご覧ください。

風や水流、見えない力を描き、商品の魅力を伝える。
動画や画像では解りにくい手術の様子をイラストで表現。

目には見えていなくても確かにそこに働いている力や関係性。
CGやイラストレーション、コラージュでビジュアル化することで、
製品やサービスの魅力、状況説明を効率的に伝えます。

CG画像制作事例|PUDLEE タイラバJET メインビジュアルイメージ クライアント|PUDLEE スタジオディーピーアイ株式会社(自社プロダクト)

特殊な機構で発生する水流イメージを表現。CGのルアーと実写の真鯛、CG背景とを融合したメインビジュアル。

CG/イラストレーション制作事例:医学・シェーマ
CG/イラストレーション制作事例:医学・シェーマ

医学分野において、術式を段階ごとに図解するシェーマをPhotoshopでデジタルペイントにて制作。

WORKSページに「CG・イラストレーション制作 実績」を公開中。

WORKSページにCG・イラストレーション等、ビジュアルコンテンツ制作の弊社実績の一部を掲載しています。ぜひ、ご覧ください。

CG・イラストレーション制作 実績 を見る