BLOG

製品開発全般について:半年で開発して発売したいのですが可能ですか?

基本的に半年間での製品リリースはできないとお考えください。製品の内容にもよりますが、開発・製造・発売までの期間は、概ね1~2年を目安としてお考えください。製品開発には多くの時間と労力を必要とします。一見シンプルな製品であっても、様々な可能性を検討し、試作や設計変更を繰り返した末、最終的に納得のいくベストな商品に仕上がります。商品を開発し、製造、発売するということは、企業としての利益追求はもちろんのこと、ユーザーが製品を使用した際の利便性や安全性等についてもメーカーとして責任を持つということです。シンプルに見える製品であっても金型を作ったり、資材を仕入れたり、プロモーション準備を進めたりと、発売までに1,000万円程度のコストはかかってきます。部品点数やサイズによってはそれ以上のコストが必要となります。それだけのコストをかけて、高価な金型を作るのですから、適当に妥協して作るということはなかなかできることではありません。進める内に、「せっかくこれだけの開発コストをかけるのであれば、もっとちゃんと検討したい、もっとこうしたい・・・」と欲も出てきます。つまり、最初に意気込んで半年で開発、製造発売するような無理なスケジュールを組んだとしても、必ず開発期間は伸び、プロモーション予定が無駄になり、プロジェクト全体が空回りをすることが目に見えています。まず、半年で製品をリリースするご希望は叶わないとお考えください。それが叶うのは、製品開発~販売に関わる全員が製品開発・販売のプロばかりで、経験不足の素人が一人もいない場合で、決裁者にいちいちプレゼンをしなくても良いような場合だけです。その場合に限り、適切な妥協と大胆な進行ができる可能性があります。しかし、それほど製品開発をよく理解している人であれば、まず、最初から無謀なスケジュールは組みません。実質的に、1~2年程度は時間を要するということになります。※もちろん、製品の内容によりますので、例外的に数カ月で開発完了するものもございます。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧